FC2ブログ
muse Mew
OLから風俗嬢へ…痴女ミユと Sex and the Ethnicity
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痴女とアウトサイダー
昨日、映画「RENT」を見に行ってまいりました♪ 年下の女友達に誘われてのことで、ミユの観賞姿勢はいつもより受身なはずだったのですが・・・この映画、凄く気に入りました!こういうことがあるから、たまには「誘われたから行く」という受身も止められないです。自分の視野以外のところから新しい発見が飛び込んでくるのだから。
この映画は、同タイトルのブロードウェイ・ミュージカルの映画化。そのミュージカルもプッチーニのオペラの、時代と舞台を変えたもの。時代は1989年年末~90年代初頭、舞台はニューヨークで、家賃(RENT)も払えないほど貧しいが夢と志は大きい芸術家・文化人たちの群像劇・・・。
えぇい!、ミユからでは陳腐な紹介にしかならないから評論はどうでもいいわ。痴女の視点から言えば、肝心なのは、彼女&彼達は社会的だけでなく性的アウトサイダーでもあってそれを誇りとしているってこと。これは元ネタのオペラには無かった、このミュージカルならではの設定なのです。ヘテロもいるけど同性愛もバイセクシャルも、身体=ジェンダーの人も異性装者も、ステディな関係を望む人も奔放な複数愛者もいる。「アウトサイダー」とされていることは重々承知で、そこに立脚しながら「でもこれが私たちにとって自然なことなのよ!」と歌い上げる。
そして自分自身にとっての自然を受け入れるって、マイナスを受け入れることも含んでいて、主要登場人物の半数がHIV+・・・でもサポート団体のミーティング(参加者は輪になって悲しみも希望も語り合う)のシーンが随所に現れ、前向きな生を取り戻してく過程が描かれます。
性的アウトサイダーは、普段は「変態」と呼ばれていますが、でも変態は魅力的です! 確かに皆、貧しさと表現への渇望と、人によっては病(エイズだけでなくドラッグ中毒も)に苦しんでいる。でも自身に正直で、だからこそ他者の立場に立てる優しさと、不当な圧力に立ち向かう強さがある。
アメリカ・ニューヨーク発でも、こういう視点のグローバリズムだったらおおいに結構!

あれ?でも変態は日陰者っていう環境の方が萌えますか? マルキド・サドあたりだと「キリスト教会の道徳に緊縛されていないと変態になれない!」と叫びそうな気がするのですが(^^;)
痴女の感激
ミユの楽しみは幾つもありますが、そのひとつが「ストリップ」♪ 女のミユが見に行くからといって、かつて話題を呼んだ「J-Men's Tokyo」みたいに男の人の裸が出てくるものではありません。出演者全て女性の正統派(?)ストリップです。このストリップに唯一正統派でない要素があるとしたら、それは観客が全員女性であるということ・・・。そう、この「紅薔薇座」は、女性ストリッパーが女性観客のために企画したショー空間なのです。
「紅薔薇座」公演時は、いつもは男性ばかりのストリップ劇場が、たった1日だけ女性観客のみに開放されます。前後の日程で「紅薔薇座プロデュース」として、ほぼ同じ出演者で男性も入れる公演も行いますが、演目はやや違う模様。
でも、女性向けだからといって、ただキレイなだけのヌードショーでは終わっていないですよ。日本のストリップならではの伝統芸やファンサービスを継承し、女性にも楽しんでほしいというのが紅薔薇座の願いですから。緊縛・自吊りに炎のバトン、習字やお絵描き(筆やペンはもちろん手で握るのではありません)、ソロベッド、ハーレムベッド、それに男性ストリップファンにとってはおなじみのポラロイド遊びやパンティオークションもあるんです! ストリップって演じる側と観客との距離がこんなに近いんだって、ミユは初めて観たとき感激したものです。
でもストリップ劇場での「紅薔薇座」公演は今度の6月4日でおしまい。ストリップ劇場そのものが経営不振で少なくなってきて、女性観客だけの企画を行うことが(最初から難題でしたが)いよいよ困難になってきたのです。次回はクラブや小劇場での公演になるかもしれませんが、その場合表現に制約が生じ、ストリップならではの企画はできないとのこと。磨かれたストリップ芸に、同性であればこそ尊敬の気持ちを抱いてきたミユとしては寂しい限りです。でも紅薔薇座のことですから、きっとこれからもファンを魅了し続けてくれるだろうと期待もしてます。

というわけで、もしミユが6月4日・日曜の早番にPurpleHazeにいなかったら、それは紅薔薇座を見に行ったと思ってくださいませ♪
そして痴女好きの貴男なら、紅薔薇座の力強く美しいお姉様達をきっと好きになるはず!触れられずに悶えながら…のつもりが、鍛え上げたお姉様たちの華麗なショーに目もハートも奪われること間違いなしよ!

紅薔薇座のHPはこちら↓(閲覧は女性のみ可ですが…)

http://baraco.fc2web.com/


痴女は取材がお好き?
昨日は初めて、風俗情報誌の取材というものを受けました!OL時代は編集もしていたミユは興味津々で応じました。
面白いことに実はこの風俗情報誌の会社、ミユはご縁があったらここの社員だったかもしれないのです!ちょうど1年位前に「編集・制作」の職種で転職活動をしていたミユは、某人材紹介会社でこちらの風俗情報誌の会社のHP制作スタッフの職を紹介されたのです。そこは結局、ミユのスキルが不足ということで面接にすら至らなかったのですが、当時のミユは残念とも思わなかったのです。女性なのに風俗情報誌の職を紹介されたからとかいう理由ではありません。OL時代から既に、そんなことで驚くミユではないです。ミユはそういう「性差別」イヤだしぃ~。
ホントの理由は、その職を紹介してきた人材コンサルタントの兄ちゃんが圧迫面接&無教養の生意気なヤツで、もう強制的にペニバン突っ込みたいぐらいに腹が立っていたからです。
対照的に、今回取材に来て下さった編集者の方、礼儀正しくて可愛かったわぁ~♪ 痴女プレイで楽しめる素質十分と見たわよ!そうネェ…まずは優しく全身リップは如何かしら?←おいおい!
編集者って24時間体制で働くだろうから(ミユは雑誌じゃなくて書籍の編集者だったからまだ楽だったの)、お客さんとして体験する時間はなかなか無いだろうけど、この「Purple Haze」ことは覚えていてほしいな♪
痴女画像テスト
ミユはまだ、お店で皆さんに選んでいただく写真を本格的には撮っていないのですが、、、本日は埋め合わせに画像をアップしてみます!
mew01
痴女のGW総括
終わってしまいましたね、大型連休。ミユはお友達の手伝いで東京ビックサイトで行われた「スパコミ」(コミケの一種ですが本家とは主催社が違います)に行った後にカラオケ→遊園地で遊んできましたよぉ。それ以外は結構「Purple Haze」に出勤していたかな。
GWのお客様は、地元(都内)の方もいらっしゃれば、他の地方から東京に遊びに来られたという方もいらっしゃいましたね。首都圏以外のお客様と出会う経験なんて長期休暇の時期ならではです。その方は男性お二人で、三重県から来られたのですって!貴重な東京観光先の一つに当「Purple Haze」を選んでいただいたこと、本当にありがたいですm(_ _)m
本当はその方は東京名所について尋ねてくださったのですが、、、ミユ、上手くコンシェルジェできなくてごめんなさい!でもその方とお友達は、既に結構通なスポット(歴史的遺産のある大学のキャンパスとか)を上手く選んでいらっしゃいましたよ。
一方ミユ自身は、旅行にも行かず休み中にも働くって大変かというとそんなことはないですね。もともとミユは仕事が上手くいってないとプライベートも楽しめないから、仕事している方がよいし・・・。それにミユにとってまだ(プロとしての)痴女プレイは未知なる世界だから、日々冒険のようなもの。そして今日休み明けも、昨日と同じように痴女しているのですが、また違う発見があったりして、休み明けの憂鬱とは無縁です。この点、上司のコントロール下にあったOL時代と全く違いますね。そのかわりお客様が楽しめるよう、気持ちを察し快感をコントロールする責任は、痴女の私自身にありますから緊張感もあるわけですが。
このGW、旅もレジャーもトキメキ経験も無いうちにお勤めが始ってしまった方もいらっしゃるでしょうけれど、貴方自身の領分が作れれば、仕事もきっとレジャー以上のワンダーランドのはずよ!
ミユはいま、この「痴女」がいちばん夢中になれる領分なのだけど。
痴女の街ネタ・お客様編
本日6日はお客様にお土産頂きました。うれし~!東村山の「餅萬」という和菓子屋さんのオリジナルどらやき、その名も「だいじょうぶだあどら焼き」(黒糖風味)、「だっふんだどら焼き」(うぐいす餡)です!素材を活かした上品な甘味と香りのどらやきです。こういう、美味しいプラスご当地物ってミユは大好き!
この「だいじょうぶだあ」の由来、ご存知ですか?いまや大御所コメディアン・志村けんの往年のネタですよ。懐かしいですね~「ドリフの全員集合」。しかしミユも、志村けんが本当に東村山市出身で、元同級生のお連れ合いが和菓子屋さんでこのどらやきを企画したなんて知らなかった~!
ミユはプレイでしかお返しできないのが寂しい限りですが、生まれ故郷のどらやきについても、お返し代わりに?ちょっと一言PRを。
「しばられ地蔵本舗えびす」の「満願どらやき」。この名の由来となった「しばられ地蔵」は葛飾区水元の南蔵院というお寺にあるのですが、ミユも子どもの頃に縛ったことあります。ミユがその頃から痴女や女王様だったわけではなく、お地蔵様がM男君だったわけでは更になく(バチ当たり…-_-;)、昔の逸話に因んで、ここではお地蔵様を縛って願掛けをするのです。
大型連休が終わっても休みの日はあるさ!皆様も、お散歩で地元アイテム、日帰り街歩きで小さなご当地物を見つけてみては?
痴女の街ネタ
ミユのお勤めしている「Purple Haze」は五反田にあります(東口からすぐでえす)。
ミユのママは五反田生まれで、当時の五反田は幼児1人お散歩に脱出しても危なくないほど、車の殆ど通らないのどかな街だったって言っていました(昭和十年代だから当たり前か-_-)。
現代の五反田も、OL時代に通ったことあります。通勤経路からは全く外れた街ですが、客先に行く時に通った時期がありました。東急池上線にお乗換えして、降りる駅は戸越銀座で・・・昔の話はいいや。とにかくミユは「Purple Haze」のご縁で、以前は通るだけだった五反田の街にお勤めすることになったのですから☆五反田の感じるスポットを折に触れて紹介していきますわ。

さてミユが最初にイチ押しする五反田のスポットは、中古レコード&輸入雑貨店「ダ・カーポ」。
ミユは音楽は好きだけど中古レコードを買うほどの通じゃない。では何故この店?かというと、「鯛焼き」のせいです!なんとここはレコード&雑貨店なのに鯛焼きを売っているのです、堂々と!しかも「たいたま」という、中味が餡子の替わりにベーコンエッグという惣菜鯛焼きまであるのです。これで軽い食事もおやつも両方OKですね。ええ!ミユは両方買ってしまいました。
実はお店を抜け出し(勿論店長の了解を得て)コインランドリーを使っていた時に目に入ったのがこのお店の「たいやき」ののぼり。洗いが終わる間に1つ(甘いものが食べたかったのでまず餡子)、すすぎが終わる間にまた買いに行ってもう1つ(今度はたいたま)。

そうそう、小豆の方のスタンダードな鯛焼きは、食べ方もスタンダードに頭からかぶりついてくださいね。お店でそう言って下さったのですが、その通りに食べていけば、この鯛焼きの「北海道十勝小豆100%」だけではない脱スタンダードな秘密が尻尾のところで明かされます。

今日は子どもの日だから、鯉のぼりをお家であげないキミも、「Purple Haze」でお姉さんに甘えた後は、鯛焼きにかぶりついて童心に帰ろうね!
「ダ・カーポ」、Purple Hazeでいつも使わせて頂いているホテル「LIOSⅢ」から「CABIN」を通って郵便局のところから右に曲がり、ずっと右に行ってね。

★ダ・カーポ★
 品川区東五反田1-3-10 明河ビル1F 
 TEL:03-3440-5708
痴女の履歴書・昼と夜
ミユは前職は会社員でした。まあ男の方は「OL」という表現の方が萌えるようですからそう書いておきますね。でも女性に多い事務職ではなくて、書籍の編集やWebの制作をしていた専門職だったのです。これは萌えないかあ。やはりOLさんというと、男性の憧れは「会社の制服」ですものね。ミユは会社員時代は私服(スーツ、ジャケット)ばかりでしたので、このお店で初めて!事務の制服を着ました。あのTV番組「ショムニ」みたいな。
あとは同性の同僚と仲良く話す、というのも、ミユの場合は夜のお仕事でなければできない経験でした。専門職のミユは自分がそう意識しなくても「仕事が違うから仲間じゃない」みたいに、事務職の女性同僚には思われてしまい、でも同じ職種では女性がいないし、孤独でしたね。だから社内で仲の良い同僚は殆ど男性でした。
でもここのお店にお勤めしてからは、皆同じ仕事をしている!という連帯意識のせいか、どの女性もとても優しいですね~。これは風俗だから?業種によるの?それともお店の体質なのかな?ミユはてっきりOLみたいな「女の戦い」があると思っていましたけれど、ここでは男の方をお待ちしている時間は、とてもほのぼのしたりはしゃいだりしているのです。
ここでの時間で培った?元気が、男の方を責めで励ます?原動力になるのです。
サラリーマンの方!会社で疲れたら痴女に身を噛ませて※、じゃない(^.^;)任せて癒されよう!

※「Purple Haze」では、男の方の身体を傷つけるようなプレイは一切ございません。その危険性が少しある微妙なプレイ(噛む、叩く等)をお望みの場合は店長にご相談くださいませ。
痴女育成講座
さてミユは何故、攻め手たる「痴女」を志願したのでしょうか?
女の子でも、勿論人それぞれ。攻め手が得意な娘もいれば受け身が得意な娘もいて、更に、プライベートとこうした「お仕事」では違う人もいるのでしょう。プライベートな「嗜好」と、仕事で発揮できる「志向」は違うというか。
ミユはプライベートでも積極的に男性をキスし、触り、舐めまくるタイプで、風俗が別世界だった頃から「そんな風俗みたいなことはしなくてよい」「風俗で働いているのかと思った」と歴代の男から言われてきたのですね。でもこのスタンスって、ミユはわりと最初の方の彼によって培ってきたもので、男性はみな受身が好きなんだと思ってきました!カルチャーショック!

なので(?)、お客様はみなミユの瞬間風速の恋人。昔の男なんて忘却の彼方にある今でも、その当時の愛し方で男の人のボディをたっぷりと味わうのです。
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。