FC2ブログ
muse Mew
OLから風俗嬢へ…痴女ミユと Sex and the Ethnicity
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痴女の感激
ミユの楽しみは幾つもありますが、そのひとつが「ストリップ」♪ 女のミユが見に行くからといって、かつて話題を呼んだ「J-Men's Tokyo」みたいに男の人の裸が出てくるものではありません。出演者全て女性の正統派(?)ストリップです。このストリップに唯一正統派でない要素があるとしたら、それは観客が全員女性であるということ・・・。そう、この「紅薔薇座」は、女性ストリッパーが女性観客のために企画したショー空間なのです。
「紅薔薇座」公演時は、いつもは男性ばかりのストリップ劇場が、たった1日だけ女性観客のみに開放されます。前後の日程で「紅薔薇座プロデュース」として、ほぼ同じ出演者で男性も入れる公演も行いますが、演目はやや違う模様。
でも、女性向けだからといって、ただキレイなだけのヌードショーでは終わっていないですよ。日本のストリップならではの伝統芸やファンサービスを継承し、女性にも楽しんでほしいというのが紅薔薇座の願いですから。緊縛・自吊りに炎のバトン、習字やお絵描き(筆やペンはもちろん手で握るのではありません)、ソロベッド、ハーレムベッド、それに男性ストリップファンにとってはおなじみのポラロイド遊びやパンティオークションもあるんです! ストリップって演じる側と観客との距離がこんなに近いんだって、ミユは初めて観たとき感激したものです。
でもストリップ劇場での「紅薔薇座」公演は今度の6月4日でおしまい。ストリップ劇場そのものが経営不振で少なくなってきて、女性観客だけの企画を行うことが(最初から難題でしたが)いよいよ困難になってきたのです。次回はクラブや小劇場での公演になるかもしれませんが、その場合表現に制約が生じ、ストリップならではの企画はできないとのこと。磨かれたストリップ芸に、同性であればこそ尊敬の気持ちを抱いてきたミユとしては寂しい限りです。でも紅薔薇座のことですから、きっとこれからもファンを魅了し続けてくれるだろうと期待もしてます。

というわけで、もしミユが6月4日・日曜の早番にPurpleHazeにいなかったら、それは紅薔薇座を見に行ったと思ってくださいませ♪
そして痴女好きの貴男なら、紅薔薇座の力強く美しいお姉様達をきっと好きになるはず!触れられずに悶えながら…のつもりが、鍛え上げたお姉様たちの華麗なショーに目もハートも奪われること間違いなしよ!

紅薔薇座のHPはこちら↓(閲覧は女性のみ可ですが…)

http://baraco.fc2web.com/


コメント
この記事へのコメント
同性
おじゃましてます。

ストリップ。なんと観に行ったコトないです。
でも、ミユちゃんの詳しいお話しのおかげで、ストリップがどんな内容なのか、映像が頭に浮かびます。

男性が男性のハダカのショーを観る、、のは違和感ありまくりなのに、
女性が女性のハダカのショーを観る、、のは違和感ないのは、何でだろ。。

街で男性同士が腕組んで歩いているは違和感あるのに、女性同士だと違和感ない。
これと同じコトなんだけど、不思議なんですよね。。

あ、そぅそぅ、FC2カウンター「666」を踏んでました。

んぢゃ、また。
2006/05/19(金) 01:38:40 | URL | てん #VP7RLYXk[ 編集]
男社会の禁断
てん様、「666」ゲット!おめでとうございます!
てん様のコメントは斬新な視点でミユも色々と考察したくなりますわ。

そうですよね!私も他多くの女性も何故、この「紅薔薇座」を観に行ったか、魅せられたか…。
バックには「女性が女性の裸を観に行っても違和感が無い」→「エロではなくアートとして楽しんでいる」という価値観が後押ししていたと思うのです。
男性が同性の裸の美しさを再発見しようと同じことをしても、同性愛と偏見丸出しで決め付けられたり、エロを通り越して変態と思われたり・・・。男性が男性の肌に仲良く触れる行為もそうですよね。仲良くではなく格闘すること(例えばプロレスごっごとか。これは女の子同士はまず無い)だったら当然と思われますが。
こうして考えると、裸やスキンシップについては男性の方が社会的制約が多い一面もあるのですね。
2006/05/20(土) 13:12:44 | URL | ミユ #-[ 編集]
土曜日の大雨は、短時間だけど台風並に風が強くスゴかったですが、ミユちゃんは影響無かったでしょうか。
あっしは食事に出かけようと外に出たら、ちょーど「雨の気配満点の空気」と「スゴい雲の壁」が押し寄せて来るが見えて(感じて)、そのまま2時間ほど出かけられずに居た。その程度ですかねぇ。(^_^;

さて、同性同士のハダカ感のハナシ。
なるほど、『偏見』かぁ。。偏見は持ってないつもりでいたけど、持ってたよぅで。σ(--) 世間のスリコミですかねぇ。いゃあ怖い恐い。
いつの日か、両性共に「芸術」として認められるようになると良いでしょうね。(ま、今でも「レスリング」「相撲」などは認められているか、な。)
2006/05/22(月) 00:25:13 | URL | てん #VP7RLYXk[ 編集]
はい!土曜は急遽出勤でPurpleの傘下にこもっておりましたので無事でした。

紅薔薇座の「ラストストリップ」のチケット、凄い売れ行きだったみたい☆
2006/05/26(金) 12:55:12 | URL | ミユ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。